英語教育

LとRの発音違いに要注意!こんなに乖離する意味違い10選(その2)

英語教育

人気だった前回の「L」と「R」の発音違いに次いで、今回もどんどん乖離した意味違いの単語をご紹介します。

「L」と「R」の発音はやっぱり難しいですよね。聞き取れるけど、発音は無理・・。

好評だった第一弾に続ぎ、ニアミスでは済まない「L」と「R」の差10選の第二弾です。

ここではRay(放射線)Lay(横たえる)
Rock(岩)Lock(錠)など、

かなり意味が異なる事態にどうなるのでしょうか?

LとRの発音違いに要注意!ニアミスでは済まない意味の違い10選(その1)
日常生活で英語を使用する人にとっては、100%ぶち当たる発音の壁。 その中でも「L」と「R」の発音が難しいと感じる人も多くいると思います。 日本では英語教育が中学1年生から開始していたのですが、年々英語教育に関しては文科省の方針...

「L」と「R」の違い

L R
lip: 唇 rip: 裂け目
lime: ライム rime: 外皮
long: 長い wrong: 間違い
lane: 車線 rain: 雨
lay: 横たえる ray: 放射線
lid: ふた rid: 取り除く
lock: 錠 rock: 岩
lack: 欠乏 rack: 棚
lank: ひょろ長い rank: 順位
lash: むち rash: 性急な

LipとRip

Lip:唇
Rip:裂け目、裂ける

ぞっとしますが、

My Lip ripped.
(私の唇が裂けました)

そんな大げさに言わないでください。
リップクリームを塗って治してくださいね。

LimeとRime

Lime:ライム
Rime:外皮

I would like some Rime.
(外皮をお願いします)

一体この人は何をしたいのだろうか?

LongとWrong

Long:長い
Wrong:間違い

It will take a Long time to correct his Wrong grammar.
(彼の文法間違いを正すのには長い時間がかかります。)

LaneとRain

Lane:車線
Rain:雨

運転中にフラフラしているので、助手席にいた私が注意しました。

Watch the Rain.
(を見なさい)

余計危険な気がしますが、安全運転で。

LayとRay

Lay:横たえる
Ray:放射線
I Lay down and watched the Ray.
私は横になって、放射線を見ました

プラネタリウムにいるのかな?

LidとRid

Lid:ふた
Rid:取り除く

料理中にフライパンの蓋が邪魔だったようです。

I got Rid of the Lid.
(私は取り除きました(捨てました))

LockとRock

Lock:錠
Rock:岩
I Lock my door with a Rock.
(私はを使ってドアにをかけます)

こちらは言い回しが似ていますが意味は全然違いますね。

Rock’N Roll !!!
(ロックンロールだぜ~!) *音楽界で使います
Lock and load.
(装填完了) *軍隊で使います

LackとRack

Lack:欠乏
Rack:棚
Lack of work, we made this Rack.
(欠乏ながらこの棚を作りました)

えっと・・物乗せて大丈夫な棚かな?

LankとRank

Lank:ひょろ長い
Rank:順位

テニスの試合で世界ランクが気になった選手。マネージャーに聞きました。

What is my current Lank?
(私の現在のひょろ長いは?)

I think your Lank is Ranked #1 .
(ひょろ長さであれば順位は1位だと思います)

LashとRash

Lash:鞭
Rash:性急な

ハリウッド映画「300」の中に出てくるあるシーンですが、ペルシャ軍の総大将でもある「聖神クセルクセス」がレオナイダス王にこう言います。

It’s the Lash that they fear.
(私のを恐れているのだ)

聖神クセルクセスの言葉ですが、「恐怖で支配」を象徴していますね。

まとめ

いかがでしたか?

前回に続き、今回は第二談として10個の単語をご紹介しました。

LockとRockは私も面白いと思っていますが、慎重に「L」と「R」を使い分ける大切さが身に沁みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました