英語教育

LとRの発音違いに要注意!ニアミスでは済まない意味の違い10選(その1)

英語教育

日常生活で英語を使用する人にとっては、100%ぶち当たる発音の壁。

その中でも「L」と「R」の発音が難しいと感じる人も多くいると思います。

日本では英語教育が中学1年生から開始していたのですが、年々英語教育に関しては文科省の方針も変わってきており、今後ますます英語のレベルがシビアに問われる時代に変わってきています。

スピーキングの試験も導入されるなど、
「読み」「書き」

だけではなく
「話す」「聞く」全て4技能を問われます。

発音ではほぼ同じに聞こえても、ニアミスでは済まないのが「L」と「R」の差です。

「L」と「R」の違い

L R
lice: しらみ rice: 米
lake: 湖 rake: 熊手
lead: 鉛 red: 赤
light: 光 right: 右
lead: 導く read: 読む
low: 低い row: 列
lace: ひも race: 競争
link: 連鎖 rink: スケート場
load: 荷 road: 道
lamp: ランプ ramp: 傾斜路

LiceとRice

Lice:しらみ
Rice:お米、ごはん

これを言い間違えたらゾッとします。

Could I have more Lice?
しらみ
のおかわりください

いや、絶対にお断りです。

LakeとRake

Lake:池、湖
Rake:熊手

あまりRakeは日常生活では使用する事は少ないかもしれませんが、

Go around the Rake.
熊手の周りを行きなさい

なんて道案内があったら困りますね。

「熊手なんてどこにあるんだい?」

LeadとRed

Lead:鉛
Red:赤
車の教習所での会話でしょうか?

What color is the STOP singe?
止まれの標識は何色ですか?

It is Lead.
色です

赤色が鉛色に見えてるという事は、色彩感覚がおかしいのかな?

LightとRight

Light:光
Right:右

これも路上での教習でしょうか?

Next. Go to the Right.
次は右に行ってみましょう

OK. I will go to the Light.
分かりました。光へ向かいます

そのLightが安全な光である事を祈るばかりです。

LeadとRead

Lead:導く
Read:読む

先生に図書館に連れてこられて言われた。

Lead them all.
(全てを導け)

これは一体どうすれば本を導く事ができるだろうか?
その答えを探すべく、本を読み始めました。

LowとRow

Low:低い
Row:列
Get back in the Row.
列に戻りなさい

と言われ、低い場所、Low placeに戻っていきましたとさ。

LaceとRace

Lace:ひも
Race:競争
We must win this Lace.
このひもに勝つんだ。

どんな競争相手なのでしょうか?

LinkとRink

Link:連鎖
Rink:スケート場
Skate around the Link.
連鎖
の周りを滑ってね。
ぷよぷよの周りを滑るの?一種の罰ゲームかな?

LoadとRoad

Load:荷
Road:道
Great. This is enough Road.
素晴らしい。十分な

多分積み荷(Load)の事だと思いますが、道(Road)を積んでいるトラックかな?

LampとRamp

Lamp:ランプ
Ramp:傾斜路

部下の不安な運転についてきた上司が、赤信号に気付いたが部下は止まる気配がない時に、

Be careful. Look at the Ramp.
気を付けて!傾斜路を見なさい。

OK Boss, It’s no problem. Let’s go!
了解ボス。あんなの問題ないですよ。行きましょう!

お二人がその後、無事であった事を願います。

【中古】 LとRの英会話 日本人最大の弱点が20分で治る / マーティン フォルズ / 光文社 [単行本]【宅配便出荷】
created by Rinker

まとめ

いかがでしたか?

LとRを言い間違えると全く異なる意味になってしまいます。

ネイティブスピーカーに対して「なんか様子が変だな。反応がおかしいな」などを感じたらLとRのニアミスで済んでいない可能性があるかもしれません。

それでは今日も頑張ってLとRを恐れずに使用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました